しょうが紅茶リーフ

しょうがを加えた釜炒り製紅茶、血の巡りがよくなれば… 本館に戻る

しょうが紅茶宮崎製茶工場の釜炒り製の紅茶にしょうが(生姜)が入りました。体を温め、リラックス効果もあることから、とくに冬場に人気です。

しょうがは香辛料として使われることが多く、日本料理では、すりおろしたり、千切りにしたり(針生姜)、刻んで振りかけたりする使い方が一般的。冷奴、素麺、アジの寿司や鰹のたたきなどに欠かせない薬味です。

他にも、紅ショウガや酢漬け、寿司のガリ、ドライフルーツなどの素材、胃腸薬(冷え解消)などの漢方薬、ダイエットや血行促進などの健康食品、食品の凝固剤など、
しょうがは幅広い分野で活躍しています。

紅茶との相性もぴったりで、しょうが紅茶も古くからアジア各地、ヨーロッパで飲用されてきたそうです。

宮崎製茶工場の紅茶は、発酵した茶葉(紅茶)を釜で炒って仕上げるという、ちょっと手の込んだつくり。 当店としては、宮崎製茶工場の製品は、紅茶も釜炒り茶もすべて無農薬であることが何よりも嬉しいです。
※無農薬/宮崎県産


■おいしい淹れ方・飲み方
ふつうの紅茶と同じように、熱湯(80〜90度)でお使いください。

販売価格
 ◆一般     45g @1,080円(税80円)


●宮崎製茶工場の人気商品の一つ、しょうが紅茶です。

  • 1,080円(税80円)

型番 T503